脚本家として何が伝えられるかを考える。        by 三好昭央
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
大人はわかってくれる
友人Shuと渋谷で会う。

彼の名前は何度もこのブログで登場しているが、
この時の彼の事である。

相変わらず撮影や編集等で忙しいらしく、
この日もやっと落ち着いた時期に上手く会える事が出来た。

「トランスフォーマー」のロボットがガチャガチャと変形する話で盛り上がり、
タランティーノの名前が出てきては「レザボア・ドッグス 」の
素晴らしさを語り合い、「ダイ・ハード4.0」の話題では意見が分かれる。

そんな彼。

いつもShuと話していると妙な安心感があるのは、
それは彼が同い歳という事だけではなく、
同業者という事だけでもなく、
お互いが人の話を聞いていないという素晴らしい共通点がある事が
大きな理由だと分かった。

二人とも「自分の話を聞いて欲しがり屋さん」なのである。


c0012846_21412940.jpg

「Wiz/Out」のチラシを持って、映画の宣伝に一役買ってくれるShu。


もうすぐ彼のDNAを受け継ぐ新しい生命が誕生する。
きっといいパパになるんだろうな。
[PR]
by cultstar | 2007-08-05 21:41 | 日々笑進
<< 喜びとか、悲しみとか、怒りとか Wiz/Out」公開記念イベン... >>