脚本家として何が伝えられるかを考える。        by 三好昭央
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
この思いが届きますように

おしりのおできくんへ


君が僕のおしりに来てもう何日になるのかな?
3日?4日?そうだね、もう1週間だね。

君はいつも突然やってくるんだね。
そしていつも同じ場所で「こんにちは」ってしている。
本当に悪い子だよね。

いつも「そのうち帰るだろう」なんて思っていても、
君はなかなか帰らない。
それどころかどんどん大きく育っていくね。
僕のおしりはそんなに居心地がいいかい?

君がおしりにやってきて一番困るのは、イスに座る時なんだよ。
自己主張の激しい君は触ると痛いし、イスに座るともっと痛い。
だからおしりの半分を浮かせて座る。
座っているのに何故か疲れる。
この気持ち分かるかな?

このままだと僕は薬局へ行かなくちゃならないよ。
そしてお店の人にこう言うんだ。

「おできに塗る薬を下さい」

それってちょっと恥ずかしいだろ?
そもそも【おでき】って言う単語自体、
ちょっとポップな感じがするもんね。

だから君との関係はなるべくなら穏便に済ませたいんだ。
そっと君が帰ってくれるのを待っているんだよ。
大体、おしりのおできの話をブログで書く役者が他にいるかい?
凄くプライベートな話だ。

おできくん聞いてる?
もう一度言うよ。



「イスに座ると痛いんだ!」
[PR]
by cultstar | 2007-01-18 11:39 | 日々笑進
<< 困った時の動物たのみ③ あきおのひみつ >>