脚本家として何が伝えられるかを考える。        by 三好昭央
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
僕がアイツでアイツが僕で
映画 『A』 のプロモーションが始まりました。

こんなプロモーションはおそらく世界でも初めてなんじゃないかな?
この活動は役作りの上でも大変重要になっている。

今はまだ手探りの所もあるけど、
撮影が始まる頃には僕が演じる彼の事を誰よりも理解出来ているはず。

彼とじっくり向き合って行こう。
by cultstar | 2005-06-14 21:52 | 映画な男
<< ある意味で魅力的な男 舞台を見た時思うのは >>