脚本家として何が伝えられるかを考える。        by 三好昭央
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
あぁ、なんて素敵な一日
昨日、一冊の本を探すために新宿へ。

その本はおそらく大型店舗しか置いていないだろうと思い、
紀伊国屋やジュンク堂書店など三店舗を回るもどこにも在庫がない。
『お取り寄せになります』と店員さん。
本が届くまでには数日かかる。
今回はそれを待っている時間がなかったので
『わかりました』と言って店を後にする。

渋谷へ。
ここでも数店舗を歩き回り、結局ブックファーストでやっと見つける。
店内では発売されたばかりのCut6月号が平積みで並んでいた。

これは家の近所の本屋で買えばいいか。

お目当ての本だけを買って帰宅。
日曜日の新宿と渋谷を散々歩き回ったから疲れた。

しばらくしてからCut6月号を買う為に近所の本屋へ。
ここで僕は驚くべき光景を目にする。




あれだけ探した本がここで売ってる・・・。

こんな時は普段絶対に口にしないような言葉が出てしまう。




ぎゃふん!
[PR]
by cultstar | 2005-05-23 16:41 | 日々笑進
<< あの頃の僕はアホでした ちょっとした優しさ >>