脚本家として何が伝えられるかを考える。        by 三好昭央
<   2007年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
「Wiz/Out」特別鑑賞券絶賛発売中!
c0012846_1464985.jpg

「Wiz/Out」
のチラシを受け取ってきました。






既に出来上がっている事は知っていましたが、
こうして実際に形になっている物が手元に届くと感動も一入です。

渋谷ユーロスペースでの前売り券の売れ行きも
好調なようで嬉しい限りです。

インディペンデント体制で作られた「Wiz/Out」ですが、
園田監督並びに森プロデューサー、そしてスタッフの人達は、
当初の公約通り、本当にこの映画を劇場公開まで漕ぎ着けてくれました。
そして今も宣伝活動に必死に動いてくれています。

今度は僕達が一緒に盛り上げていく番です。

残念ながら今の僕は、名前でお客が呼べる俳優ではありません。
自分からアプローチしていかないと、誰にも興味を持ってもらえません。
だから必死で宣伝します。

ご覧になって頂ければ分かりますが、
「Wiz/Out」には今までの映画にない、新しい試みが沢山詰まっています。
それを一人でも多くの人に体感して欲しい。

「Wiz/Out」の成功なくして、
自分自身の次の段階へのステップアップもないと思っています。

この映画を観てもらえると言ってもらえる人がいるなら、
何処にでも会いに行きます。
この映画を観てもらう為なら、いくらでも頭を下げます。
この映画の為に、自分に出来る事ならなんでもするつもりです。


格好悪いかもしれないけど必死です。


総合格闘技に転向後、連敗続きの元横綱以上に必死です。

公開までの間、今後も「Wiz/Out」は様々なメディアに登場していきます。
僕も徐々に知り合いの方に連絡をさせて頂くと思いますが、
どうか温かく受け止めてもらえればと思います。

そしてこのブログをご覧の方で、
映画を観に行こうと思ってくれている方は連絡下されば、
ご迷惑でなければ僕が直接届けに参ります。

尚、現在渋谷ユーロスペース窓口で前売り券をお求め頂くと、
原田佳奈サイン入りB2ポスター、
もしくは劇中キャラクターが集合した生写真がプレゼントされます。
※各先着100名、なくなり次第終了

特別鑑賞券絶賛発売中
1,300円(税込)(当日一般:1,700円)



c0012846_17432218.jpg
←この生写真、僕が二度と出来ないような
よそ行きの顔を作って映っていますので、
そんな意味でレアかも・・・。









どうか沢山の人に観に来てもらえますように。
[PR]
by cultstar | 2007-07-30 01:46 | お知らせをする男
東京ネットムービーフェスティバル
以前出演させて頂いた深野光洋監督の短編映画「サヨナラ」が、
東京ネットムービーフェスティバル2007において、
一般部門の一次予選を通過したそうです。

今後は人気投票によって決勝に進む作品が決まります。

わずか3分強の短い作品ですが、よろしければご覧下さい↓



東京ネットムービーフェスティバル 一般部門通過作品



当時、僕の前髪が鬼太郎レベルです。
[PR]
by cultstar | 2007-07-27 11:04 | お知らせをする男
ノープランの舞台挨拶は危険すぎる
現在、渋谷アップリンクファクトリーで公開中の
映画「泳げない女」

25日の上映にご来場頂いた皆さん、ありがとうございました。

「人間って、こんなにもスベる事が出来るんだ」
と思えるくらい僕の舞台挨拶はスベっていました。


ドラゴンボールを7つ集めた時は、
神龍様への一つ目の願いを
「僕をスベり知らずの男にして下さい」にしたい。


27日まで公開しています。
映画は僕のトークより面白いです。
お時間のある方は是非ご覧いただければと思います。


「マラニカ」「泳げない女」公式HP
[PR]
by cultstar | 2007-07-26 11:28 | お知らせをする男
ほら、昭央、貴方もやらせてもらいないさい
c0012846_10253993.gif





どんだけ~!











俺は大空翼君かと。
「ボールは友達!」かと。



どんだけ寂しがり屋やねん。







当たっとるやないか。
[PR]
by cultstar | 2007-07-25 10:31 | 日々笑進
コスメティック・ルネッサンス
c0012846_151543.jpg
映画「ルネッサンス」を観た。

「構想製作10年、総制作費23億円」



前後賞合わせて3億円の宝くじを、
8回当てなければ造れない映画。

小学校に入学してから高校1年生が終わるまでの
時間がなければ造れない映画。

全編デジタル・モーション・グラフィック。
確かに凄い。

ただ、モノトーンの陰影が強すぎて目が疲れる。


同じ近未来を描いた映画「ブレード・ランナー」との大きな違いは、
車が空を飛ばない事。

未来にドラえもんはいなくても我慢する、
マイケル・J・フォックスがデロリアンに乗ってなくても我慢する、
ナイトライダーみたいに車が喋らなくても我慢する、
でも、せめて未来の車は空を飛んでいて欲しい。

空飛ぶ車キボンヌ。


なにはともあれ、「ルネッサンス」は
新しい映画の形を表現した作品なのは確か。
[PR]
by cultstar | 2007-07-23 15:22 | オボエガキ
06:12/23
「Wiz/Out」メイキング映像公開です。

イベントから顔合わせ、
そして撮影最終日までダイジェストでご覧になれます。

音楽はELECTROWERXの「Rising Sun」
メチャクチャ格好いいです。



[PR]
by cultstar | 2007-07-20 23:52 | お知らせをする男
三好家長男生誕日

先日、三好兄が誕生日を迎えたので
お祝いのメールを送ってみた。

More
[PR]
by cultstar | 2007-07-19 12:57 | 日々笑進
「Wiz/Out」の世界観をより楽しむ方法

「Wiz/Out」園田新監督のブログで、
僕が演じた奥修治という役について取り上げてくれています。

More
[PR]
by cultstar | 2007-07-18 11:06 | お知らせをする男
8.4 トランスフォーム
映画「トランスフォーマー」が観たい。

スティーヴン・スピルバーグとマイケル・ベイのコンビも
僅かながら気になる所だが、
なにせあのロボットがガチャガチャと変身する姿が見たくてたまらない。

子供の頃から、ロボットがガチャガチャと変身する姿に滅法弱い。
なにかが起こりそうな予感にワクワクしてしまう。

思い起こしてみれば、ルービックキューブを組み立てるのは苦手だけど、
誰かが組み立てているのを見ながら「それがロボットに変身すればいいのに」
なんて妄想しているのが好き、そんな確実にイタイ子だった。

言うなれば、組み立てられフェチ (なんだそりゃ)


昔、テレビ東京で放送されていた
アニメ版「トランスフォーマー」のロボットは、
12色くらいの色で全てを賄っているんじゃないかと
思うくらい目に悪い色遣いだった。
体が赤、頭が青、目は黄色、原色万歳!みたいな。

当時はちゃんと観た事もなかったし、今回の実写化の話を聞いても
「あのトランスフォーマーがぁ~?」と半信半疑な感じだったが、
予告編を観てみると、なかなかどうして、
どこが顔だか解らない程精密に描かれたロボット達が、
最新のVFXによってリアルにガチャガチャと
トランスフォームされているではありませんか。

ロボットの変身する姿を観てこんなにワクワクするのは
「ゴールドライタン」以来じゃないだろうか。

因みに「トランスフォーマー」は車やジェット機がロボットに変身するのに対し、
ゴールドライタンはライターがロボットに変身する。

ライターが、だ。

あのタバコを吸う時に使うライターが、
あの花火に点火する時に使うライターが、
あのコンビニで100円で買えてしまうライターが、
何故かロボットに変身する。

少年が持っているライターがロボットに変身して地球を救う、ってどんな話だ。
しかも主人公のゴールドライタンは武器を持っていない。


戦う時は常に素手、必殺技は手刀、どんだけ強いライターだ。


とは言え、本来ライターのもつ唯一の機能でもある火的な要素が
戦いにはまったく反映されていないのが素敵だった。
なにより超合金を持って興奮しながら遊んでいたのは、
あのガチャガチャした変身姿が好きだったからに他ならない。

この歳になって、あの時ゴールドライタンに感じた興奮と同じものを、
実写版の「トランスフォーマー」にも感じている。



8月4日公開。
きっと僕は初日にトランスフォームするんだろうな。
[PR]
by cultstar | 2007-07-17 00:20 | 映画な男
楽しい時間はあっという間に終わるのね
c0012846_16351344.jpg

Webドラマの撮影が終わりました。






数日間の撮影でしたが、監督はじめスタッフや共演者の方々も
気さくな人ばかりで、本当に楽しい現場でした。
今回だけでなく、一生繋がっていたいなと思える出会いもあり、
やっぱり現場はいいな、と改めて感じました。

今回とっても素敵な方と共演させて頂きました。

近いうちに公開されるようなので、
許可が下りたらお知らせさせて頂きますね。




じゃあの。
[PR]
by cultstar | 2007-07-15 16:35 | 日々笑進