脚本家として何が伝えられるかを考える。        by 三好昭央
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:日本映画を面白くする男達( 5 )
日本映画を面白くする男達 ⑤ 津田寛治

イズ・エー [is A.]

/ GPミュージアムソフト

監督 藤原健一
出演 津田寛治/小栗旬/戸田菜穂他

津田寛治さんも大好きな俳優です。
映画をメインに活動され、かなりの数の作品に出演されています。
テレビやCMでも姿を見る事はありますが、
やはりこの人も映画の世界で見ていたい俳優です。

ワンシーンのみの出演なども多い津田さんですが、
この作品で初めて主役で出演されました。
僕はまだこの映画を見てはいねいのですが、
公開時に津田さんのインタビュー記事を食い入るように読みあさりました。
どんな事を考えていたのか知りたくて。

ある雑誌のインタビューで
「初主演ですがここまでの道のりは長かったですか?」
という質問に対し、

「長かったですね、映画作りに主演も脇役も関係ありませんが、
主演という立場から見える物を知りたかった。
でも結局なにも変わりませんでした」


と答えていたのが印象的でした。
共通の知り合いから間接的ではありますが、
津田さんのお話しを聞いた事があります。

努力の人です。
津田さんみたいなスタンスで仕事をしていくのが理想です。
[PR]
by cultstar | 2005-08-24 07:18 | 日本映画を面白くする男達
日本映画を面白くする男達 ④ 北村一輝
皆月
/ ジェネオン エンタテインメント
原作 花村萬月
監督 望月六郎
出演 奥田瑛二/北村一輝/吉本多香美/荻野目慶子

今回は俳優の北村一輝さん。

僕が間違いなく日本の俳優の中で一番好きな人です。
特に俳優として数々の賞を受賞されたこの映画「皆月」
の演技僕にとって邀撃的でした。
この映画に北村さんがキャスティングされるまでには
紆余曲折あったみたいですが、北村さんじゃないと出来なかった
役だと思いました。

いつもエキセントリックでチンピラ風な役が多い北村さんですが、
ドラマ「水曜日の情事」での
オカマ役もとっても魅力的に演じていました。
脇役としてでも北村さんが出演していると『おおっ!』と思ってしまいます。
「ナイン・ソウルズ」(豊田利晃監督)に出演していた時は
思わず嬉しくなりました。
その抜群の演技力や彼の持つ魅了が日本を代表する沢山の監督に
「使いたい俳優」と思わせるのも頷けます。

北村さんもまったく無名時代からオーディションで這い上がってきた人。
本当に実力で今のポジションがを掴んだのでしょう。
こんなに有名になった今でも「KILL-BILL」の時は直接タランティ‐ノ監督に
出演交渉をしに行ったとか。
演技と同じく守りに入らないその姿勢もまた魅力です。

ドラマにも沢山出演されていますが、
やはり映画のスクリーンでその演技を見たい人。

誰かのマネはしたくないけど、すごく尊敬している俳優さんです。

男が惚れる俳優

そうなりたいですね。
[PR]
by cultstar | 2005-07-03 01:17 | 日本映画を面白くする男達
日本映画を面白くする男達 ③ 是枝裕和
誰も知らない
/ バンダイビジュアル
監督:是枝裕和



今回は是枝裕和監督。
この監督の演出が好きです。
「ワンダフルライフ」「DISTANCE」もそうですが、
是枝監督の脚本には殆ど台詞が書かれていないそうです。
現場でいつも『こんな感じの事を言って下さい・・・』みたいなやり方。
だから台詞は俳優達のアドリブ。
フィクションではなく、ドキュメンタリーを見ているような気持ちになります。
元々、監督がドキュメンタリー出身だからかもしれませんが、
本来のリアルさへのこだわりを感じる。
演じる側にしてみれば役者としての器量を試されている感がして
プレッシャーや緊張感を感じるかもしれませんが、
是枝監督のような演出方法は自分を試す事も出来る表現だと思う。
エチュードでどこまで出来るか、みたいな。
毎回ワクワクするような撮影現場になっているはず。
僕だって是枝監督の演出方法で出演してみたいと思うもの。

「誰も知らない」 子供達の表情が抜群によかった。
[PR]
by cultstar | 2005-05-06 05:14 | 日本映画を面白くする男達
日本映画を面白くする男達 ② 石井克人
PARTY7
/ ビデオメーカー
監督:石井克人



2回目は大好きな石井克人監督。
「桃尻~」や「茶の味」もいいですが個人的にはこの
大ヒットした「PARTY7」が大好きです。
映画館にも2回見に行きました。
ストーリーのテンポのよさ、映像センス、そして笑いのセンスも抜群です。
特にこの映画に出てくる原田芳雄氏演じるキャプテン・バナナが最高。
可愛い顔したバナナのマスクを被っているんですが、
あれを見た時『俺もキャプテン・バナナになりたい!』って思ったものです。
原田さんはこんなコミカルな役も似合うんだと関心しました。
あとはやっぱり我修院達也氏。
石井監督はあの人じゃないと出来ない役を作るのがうまいですね。
絶対に一緒に仕事がしたいと願っている監督です。
[PR]
by cultstar | 2005-03-11 09:59 | 日本映画を面白くする男達
日本映画を面白くする男達 ① 豊田利晃
ポルノスター
/ ジェネオン エンタテインメント
監督:豊田利晃



映画を見るのはもっぱら洋画が多いのですが、
日本映画も面白い作品は沢山ある。
もっと勉強しなくては!
という訳で好きな監督の作品を載せていくことにしました。
自分の気持ちを忘れない為にも。
でも、あくまでも個人的な感想です。

More
[PR]
by cultstar | 2005-02-09 09:44 | 日本映画を面白くする男達