脚本家として何が伝えられるかを考える。        by 三好昭央
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
R-1ぐらんぷり2005
先日テレビで放送されたピン芸人No.1を決める「R-1ぐらんぷり2005」
で優勝したのは芸歴15年のほっしゃん。
一体どれくらいの人が彼の事を知っているのだろう?
まだ地元にいた時、チャパチャプスというコンビで
ナイナイや雨上り決死隊等と2丁目劇場で頑張っていた姿を
関西ローカル番組でよく見ていた。





その後、吉本天然素材として東京に進出するも、
解散後にうまく波に乗れたのはナイナイくらい。
他のコンビは大阪に帰っても
「仕事が1本もなかった」というのを何かで読んだ事がある。
勿論、当時のチュッパチャプスも例外ではなかったはず。

俺が東京に上京後、雨上り決死隊や最近ではFUJIWARA等も
再び東京に進出してテレビで見る機会も多くった。
でもほっしゃん。の姿を見る事は殆どなかった。
何年か前に深夜番組で彼の姿を見た時は「まだ芸人続けてるんだ・・・」
と思った。
陽の目をみない時代が何年も続いたほっしゃん。
東京に出てきても3年間で仕事が4日の時があったという。

グランプリを獲って泣崩れる姿を見て目頭が熱くなった。
「何回も辞めようと思ったけど、続けててほんまによかったです」と言う彼の
言葉で思わず涙ぐむ。
司会の雨上り決死隊宮迫のコメント
「長い付き合いなのでもらい泣きしそうになりました」というのを聞いて号泣。
昔、2丁目劇場で頑張っていた姿を思い出してテレビの前で1人で泣きました。

本当に努力の人です。

心からおめでとうございます!と言いたいです。



個人的にはバッファロー吾郎をもっと東京で見たいな。
[PR]
by cultstar | 2005-02-23 01:24 | 日々笑進
<< 新作執筆中 明日発売 >>